中古雑誌買取店の探し方

安全に高く売れる雑誌買取店の探し方

一緒に買取ってほしい物を探す

雑誌の買取をしているお店のほとんどは、本や漫画といった書籍類やCD、DVDなどの買取も一緒に行っています。

雑誌買取のお店を選ぶ前に、自宅の不用品で一緒に売りたいものがないかどうか、確認してみましょう。

雑誌は元の値段が安い物も多く、どうしても買取単価が安くなりがちなので、他の物とまとめて買取ってもらった方がお得になることがあります。

家の掃除もまとめてできるので、ぜひクローゼット・たんすの中や物置の奥までくまなく探してみましょう。

3種類から買取方法を選ぶ

雑誌の買取方法には、お店へ持って行く店舗買取、宅配便で送る宅配買取、自宅で査定してもらう出張買取の3つの種類があります。

店舗買取は持ち込んだその場で査定・換金してくれるのですぐにお金になりますが、持って行くのが大変だったり、査定が終わるまで待たなければなりません。

宅配買取は、段ボールに詰める梱包作業が必要ですが、自宅から荷物を送ることができ、結果の連絡もメールや電話なので、ほぼ手間がかかりません。

出張買取は、スタッフが自宅に来るので雑誌など売りたいものの量が多い時に便利ですが、多少断りづらい感じになってしまう点は否めません。

今は便利に使えるかどうかを重視するユーザーが多いので、宅配業者以外誰にも会わず、時間もかけずに買取ってもらえる宅配買取が最も利用者が多くなっています

売りたい中古雑誌の量や、かけられる時間と相談して、使いやすいお店を選びましょう。

お店の古物商許可証を確認する

中古雑誌の様に、一度使った物や購入したけど使用しなかったものを取引するためには、古物営業法という法律に則って営業する必要があります。

これは、古物(中古品)の中に万引きされた盗品が紛れ込んだり、雑誌や本といったジャンルではあまり見かけませんが、ブランド品や時計といった物はコピー品が流通する可能性があるため、警察の公安委員会が管理を行っているからです。

盗品・偽物の流通を防ぎ、正しい取引を行う会社には、古物商許可番号というものが発行されます。

中古雑誌の買取店も、この古物商許可の対象となっていますので、使いたいお店がこの許可を取得しているかどうか必ずチェックしましょう。

お店の公式ホームページに掲載されていますので、すぐに確認できると思います。