初めてでも大丈夫!中古車買い方講座

中古車の買い方は?気を付けるポイントはある?

中古車を買うまでの流れと注意点

まずは販売されている中古車の中から、気になる車をいくつかピックアップしましょう。

初めての人の買い方としては、中古車雑誌やインターネットで中古車の販売状況を確認し、車種・カラー・年式・機能・価格・走行距離・車検期間・販売場所は最低でも抑えておきたいところです。

新車を買う時と同じく、実際の車を見て、試乗した方が良いので、できるだけ足を運べる地域の範囲で中古車を探すことをおすすめします。

希望する中古車の車検が切れている場合や、お店で保険に入っていない場合、試乗できない事がありますので、必ず販売店に問い合わせましょう。

購入したい中古車が見つかったら、販売店に支払い方法や納期などを確認して、契約を行います。

もし、分割やローンなどを考えている場合には、販売店が取り扱っているローン会社や利率などは契約前に予め確認しておくことが大切です。

契約をしたら、中古車の名義変更や車庫証明といった書類の準備に取り掛かります。

基本的には販売店が準備をしてくれるので、署名や捺印をするだけとなることが大半ですから、初めてでも安心です。

ただし、遠方の中古車販売店の場合には、車庫証明を代わりに取ることが出来ないので、自分で行く必要が出てきます。

その後、販売店では納車前の整備・点検を行い、確認と修繕が終了した段階で納車の日程や段取りを決めることになります。

契約から納車までには、おおよそ1~2週間程度かかるのが一般的で、車検が残っていてほぼ修繕がいらないような中古車であればもっと早く納車されることもあります。

逆に、何らかのカスタマイズをしてから納車してもらう場合や、外国車で部品が届くのに時間がかかるといった場合には、2週間以上納期がかかることもあります。

なるべく早く入手したいという事情がある時は、納期を前提に車や買い方を考えていきましょう。

あとは当日、段取りで決めた方法で納車されるのを待つだけです。

安心できる買い方をするために抑えたい事

購入を決める前には、必ず定期点検記録簿を確認しましょう。

これまでの点検のタイミングが記録されているので、オイルやバッテリー、タイヤなどの交換時期や、定期・日常点検の間隔が分かり、安全に乗れる車なのかの判断材料になります。

一般的な新車を購入する際は、保証が付いていますが、中古車の場合は販売店によって保証の有無が変わります。

走行距離が少ない最新の車が突然故障するといったことも考えられますので、特に中古車の購入が初めての場合は、保証やアフターサービスといったフォロー面がしっかりしているか確認しましょう。

また、費用の面では納車費用というのが必ずかかりますが、この中にどこまで入っているのかは販売店により異なります

洗車やクリーニングを含めるお店もあれば、手続き費用のみというお店もありますので、必ず内容はチェックしたいところです。

もし、販売店が遠方にある場合は、中古車を輸送する陸送費・輸送費も別途かかりますので、値段を確認しましょう。